【開封済みでも買取可能】使いかけの香水を売るなら『買取むすび』八王子本店へ!

「買った時は気に入っていたけど、今は全く使わなくなった」

「使いかけの香水でも売れるの?」

使いかけの香水を処分できずにそのままにしている方はいませんか。

香水は一旦開封すると香りが薄くなったり、変質したりするため「売り物にならない」と考える方も多いでしょう。

そこで本記事では、使いかけ香水の買取について弊社『買取むすび』が解説します。

【この記事でわかること】

  • ・使いかけの香水は買取りしてもらえるのか?
  • ・使いかけの香水を高く売るためのポイント
  • ・買取が難しい例は?
  • ・使いかけの香水を売るなら弊社『買取むすび』がおすすめできる理由

自宅に不要な香水がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社『買取むすび』では使いかけの香水も買取します!

開封済みの香水を買取対象外とする業者もありますが、弊社『買取むすび』では使いかけの香水も買取いたします。

もちろん、新品・未開封の香水も買取可能です。

購入当初は気に入っていた香水でも、時間の経過とともに好みが変わり「今は奥にしまったまま」というケースもあります。

後述しますが、使いかけの香水は処分に少し手間がかかります。

使いかけの香水を買取してもらえば処分の手間が省けて、なおかつ現金化もできるため一石二鳥です。

次章では使いかけの香水を少しでも高く売るためのポイントを紹介します。

使いかけの香水を高く売るためのポイント4つ

使いかけの香水を高く売るためのポイントは、以下の4つです。

【使いかけの香水を高く売るためのポイント】

  1. 開封後1年以内|できるだけ早く売る
  2. 箱や袋などの付属品をセットで売る
  3. 有名ブランドの香水を売る
  4. 香水の残量が半分以上で売る

それぞれポイントを押さえておけば、使いかけの香水をより高く買取してもらえる可能性があります。

それでは、順番にみていきましょう。

開封後1年以内|できるだけ早く売る

使いかけの香水は直接空気にさらされたり、皮脂や雑菌が混入したりするため徐々に変質します。

変質した香水は肌トラブルの原因になる可能性があり、品質や衛生上からも開封後1年以内が買取できる目安です。

そのため使わない香水は、早めに査定に出していただいたほうがよいでしょう。

ただし廃盤で希少価値が高く人気のある香水は、開封後1年以上経過していても買取できる場合があります。

たとえば、1997年〜2007年にかけて販売された「GUCCI ENVY(グッチ エンヴィ)」。

高い人気と入手の困難さから「幻のエンヴィ」とも呼ばれ、製造終了から10年以上が経過した現在でも開封済みの商品が5,000〜10,000円の値段で取引されます。

箱や袋などの付属品をセットで売る

香水を購入した際に付属する箱や袋があると、本体の状態・ブランドによっては500〜1,000円ほどプラス査定される場合があります。

また、付属品自体のコンディションもプラス査定に重要な要素になるため、傷まないように保管しておきましょう。

もし付属品がない場合でも、弊社『買取むすび』では買取可能なためご安心ください。

有名ブランドの香水を売る

有名ブランドの香水は人気があるため、使いかけでも買取が可能です。

特に弊社『買取むすび』では、CHANEL(シャネル)・GUCCI(グッチ)・DIOR(ディオール)・TIFFANY&Co.(ティファニー)・BVLGARI(ブルガリ)など有名ブランドの買取を強化しています。

使いかけの香水でも、上述のような有名ブランドなら買取価格をUPできます。

ぜひ弊社の無料査定を受けてみてください。

香水の残量が半分以上で売る

保管状態・ブランド・付属品の有無と並んで、香水の残量は査定に重要な要素です。

残量が少ないと買取できない場合があり、目安はボトルに香水が半分以上あること。

査定に出す前にボトルの残量をチェックしておきましょう。

買取が難しい使いかけの香水とは?

状態によっては、使いかけの香水は買取が難しい場合があります。

例えば以下のようなケースです。

【買取が難しい例】

  • ・ラベルが剥がれてなくなっている
  • ・液漏れやビンの破損がある

それぞれみていきましょう。

ラベルが剥がれてなくなっている

香水のラベルが剥がれてなくなっていると買取できない場合があります。

例えば正規輸入された海外製香水のラベルには、法令に沿った内容が日本語表記されています。

有名ブランドの場合、中には偽物の香水も存在するため、”正規品であること”を示すラベルは査定時に重要です。

そのため、紙製のラベルが汚れていたり剥がれかかったりしていても、査定の際には剥がさずにお持ちください。

液漏れやビンの破損がある

香水のスプレー部分から液漏れやビンにひびなどの破損がある場合も、買取できない可能性があります。

査定に出す前に確認してみましょう。

弊社『買取むすび』|6つの特徴

使いかけの香水を行っている弊社『買取むすび』には以下6つの特徴があります。

【『買取むすび』の特徴】

  • ・【完全無料】査定料・手数料がかからない
  • ・【業界トップクラス】買取可能品目が2万点以上
  • ・【独自販売ルート】高価買取が可能
  • ・【安心】即日現金払い
  • ・【鑑定のプロ】専門分野に特化した鑑定士が在籍
  • ・【自宅で完結】出張買取・宅配買取・LINE査定

それぞれ特徴をご紹介します。

【完全無料】査定料・手数料がかからない

弊社『買取むすび』では、査定料・手数料は一切いただいておりません。

そのため、使いかけの香水が「買取可能かどうか知りたい」という方も、無料で査定いたします。

また店舗での査定は予約不要なため、まずはお気軽にご来店ください。

【業界トップクラス】買取可能品目が2万点以上

弊社では香水などの化粧品だけでなく、あらゆるものを買取しています。

その数は業界トップクラスと言われる2万点以上。

そのため使いかけの香水に加えて、他の不用品を合わせてお売りいただけます。

【独自販売ルート】高価買取が可能

香水は前述したように、開封すると劣化するため買取できない業者もあります。

一方、弊社は自社販売も含めた複数の販売ルートを所有し、全国に販売店もあるため、他社で査定がつかなかった使いかけの香水も買取できる場合があります。

ぜひ、弊社の無料査定を受けてみてください。

【安心】即日現金払い

店頭で買取させていただいた香水は、その場で即日現金払い。

「今すぐ現金が必要」「後日振り込みだと少し心配」というお客様もご安心ください。

【鑑定のプロ】専門分野に特化した鑑定士が在籍

使いかけの香水であっても廃盤の人気モデルやアンティーク品など、希少価値のあるものは高価買取できます。

本来の価値で査定させていただくには、鑑定士が香水に精通していることが重要です。

その点弊社『買取むすび』には、専門分野に特化した経験豊富なプロの鑑定士が在籍。

お客様の香水に少しでも高い値段がつけられるように、全力で査定いたします。

【自宅で完結】出張買取・宅配買取・LINE査定

弊社では「日中時間がとれない」「売りたい香水が複数ある」など、来店が難しいお客様向けに自宅で完結する以下3つの方法を用意しています。

【3つの買取・査定方法】

  1. 出張買取
  2. 宅配買取
  3. LINE査定

それぞれの方法をみていきましょう。

出張買取

「出張買取」は弊社鑑定士がお客様のご自宅まで伺い、玄関先で香水の無料査定いたします。

査定結果にご納得いただければ、その場での現金支払いが可能です。

無料で「出張買取」を試してみる

宅配買取

「宅配買取」はお客様があらかじめ指定した日時に、弊社から無料宅配キットを発送。

届いた宅配キットに買取してもらいたい香水を梱包後、着払いで弊社まで送り返していただければ、無料で査定いたします。

また、査定結果にご納得いただけなかった場合でも返送無料のためご安心ください。

無料で「宅配買取」を試してみる

LINE査定

LINE査定では香水を撮影・写真を送信していただくだけで、すぐに概算価格をお伝えできます。

無料で「LINE査定」を試してみる

使いかけ香水の買取|よくある質問

使いかけ香水の買取に関して、よくある質問と回答をまとめました。

【よくある質問】

  • Q.買取してもらえなかった香水の処分方法は?
  • Q.使いかけの香水はどれくらいの値段で買取できますか?

それぞれの質問と回答をみていきましょう。

Q.買取してもらえなかった香水の処分方法は?

A.使いかけの香水は状態によっては買取できない場合があり、その際は自身で廃棄する必要があります。

香水の廃棄方法は自治体や地域によって異なるものの、以下の3種類に分別するのが一般的です。

【香水の廃棄|3種類に分別】

  1. 香水のビン
  2. 香水の液体
  3. スプレー部分|キャップ・ノズル・チューブ

少し手間がかかりますが、処理方法を誤ると事故や環境汚染などの可能性があるため、確実に廃棄しましょう。

香水のビン

香水のビンは自治体によって「不燃ゴミ」または「あきびん」「割れモノ」に廃棄します。

特にあきびん・割れモノに出す時はスプレー部分やキャップ部分の付属品は金属が含まれるため取り外しましょう。 

一方、不燃ゴミに廃棄する場合は付属品は外さなくても良いですが、香水の液体は必ず空にしてから廃棄してください。

香水の液体を処理する理由と方法は次項で紹介します。

香水の液体

香水に含まれるエタノールは引火性があり、割れやすいビンの中に残ったまま廃棄すると火災になる危険があります。

そのため、香水の液体は古新聞やティッシュ・トイレットペーパーなどに染み込ませてから、ジッパー付きポリ袋にいれ、しっかりと密閉して「可燃ゴミ」に廃棄しましょう。

また、面倒だからとトイレやシンクに流すのは避けましょう。

家中が香水の匂いで充満するだけでなく、下水が汚染され環境破壊にも繋がります。

スプレー部分|キャップ・ノズル・チューブ

スプレー部分はキャップ・ノズル・チューブに分かれます。

キャップとノズル部分は多くの場合、金属製なので外して「不燃ゴミ」に廃棄しましょう。

一方、チューブ部分は外して「プラスチックゴミ」として廃棄します。

Q.使いかけの香水はどれくらいの値段で買取できますか?

A.使いかけの香水は残量やブランド、開封からの経過時間などさまざまな要因で変化します。

一般的に態が良いもので定価の10%前後(1,000円〜2,000円前後)と言われます。

一方で「開封から1年以上経過」あるいは「残量が極端に少ない」場合は、査定がつかないことも。

ただし、希少価値や人気の高いものは、使いかけの香水でも10,000円以上の値段で買取できる場合もあるため、まずは弊社までご相談ください。

香水買取なら弊社『買取むすび』八王子本店にお任せください!

本記事では使いかけの香水の買取価格や高く売るためのポイントを紹介しました。

使いかけの香水は「開封後1年以内」「付属品がある」「有名ブランド」「残量が半分以上」などの条件次第では買取いたします。

特に香水は開封すると劣化が始まってしまうため「売ろうかどうか迷っている」ならすぐに査定に出していただくほうが得策です。

「開封してしまったけど使わない香水がある」という方は、ぜひ一度弊社『買取むすび』の無料査定を受けてみてください。