【衝撃】赤珊瑚に秘められた価値と高価買取してもらう秘訣を紹介

「赤珊瑚の価値について知りたい」

「赤珊瑚の買取に影響する特徴について知りたい」

赤珊瑚を持っているけど、どのような価値があるのか分からない方もいらっしゃるでしょう。価値を知らないと、相場の買取価格が分からず高値で売却できない場合があります。

そこでこの記事では、赤珊瑚に秘められた価値や、買取価格に影響するポイントについてご紹介。また、赤珊瑚のメンテナンス方法や偽物との見分け方についても解説します。

ぜひ、この記事を読んで赤珊瑚を高く売る参考にしてみてください。

 

赤珊瑚の衝撃の価値とは

赤珊瑚は外国だと地中海沿岸、日本だと土佐湾や小笠原諸島などで採取されます。赤珊瑚の産出量は地球温暖化の影響などで年々減少傾向です。さらに、中国や台湾で赤珊瑚の人気が高まっている影響もあって価格が高騰しており、今後も希少価値は高くなるでしょう。

日本で採取される「血赤珊瑚」は、赤珊瑚の中で特に希少価値が高いとされ、最高級の血赤珊瑚には、数千万円の買取価格が付いた商品もあるほどです。自宅に赤珊瑚を使った宝石が眠っているなら、買取専門店で査定してみてはいかがでしょうか?

 

赤珊瑚の買取価格に影響する7つのポイント

赤珊瑚の買取価格に影響する7つのポイントについて紹介します。

  • 1.色調
  • 2.原産地
  • 3.形・大きさ
  • 4.状態
  • 5.照り・輝き
  • 6.「ヒ」と「フ」
  • 7.箱などの付属品

それぞれ順番に見ていきましょう。

色調

赤珊瑚は色調が濃いほど買取価格は高くなります。先ほどご紹介した「血赤珊瑚」は名前の通り、血液のような深紅色に独特な艶感を持つため色調が濃く、高額で買取可能です。赤珊瑚を売却する際は色調の濃さを確認してみてください。

原産地

赤珊瑚の価値は原産地によっても変動します。中国や台湾・地中海沿岸でも採取されますが、日本産の赤珊瑚は希少価値が高く、世界から注目されるほどです。土佐湾で採取された赤珊瑚には「トサ」と名前がつくほど。日本産の赤珊瑚は、高値が期待できるでしょう。

形・大きさ

赤珊瑚の宝石は、半球や球体の形に加工されます。均一な加工が施された美しい形の赤珊瑚ほど高値が付きやすいでしょう。

また、1センチ以上の大きな赤珊瑚も高価買取の対象です。赤珊瑚は1年で0.2ミリ〜0.3ミリしか大きくならず、1センチになるまでに約50年の長い歳月がかかります。そのため、1センチを超えるものは希少価値も高くなるでしょう。持っている赤珊瑚の形や大きさをぜひ確認してみてください。

状態

赤珊瑚の状態も高価買取されるための大切な要素です。赤珊瑚は湿気や水に弱く人間の汗に触れるだけで劣化していきます。また、柔らかい素材のためヒビも入りやすく、良い状態をキープするのが難しいです。しかし、その分状態が良い赤珊瑚は高値が付きやすくなります。

照り・輝き

赤珊瑚の表面に照りや輝きがあれば高価買取の対象です。赤珊瑚は非常にデリケートで、日光や照明に含まれる紫外線により光沢は劣化しますが、日ごろのメンテナンスによって輝きを維持できるでしょう。メンテナンス方法については後ほど紹介します。

「ヒ」と「フ」

赤珊瑚に「ヒ」と「フ」が少なければ高値が付きやすくなるでしょう。「ヒ」とは深海から採取された際に水圧の変化で入るひび割れを指します。「フ」とは日本産の赤珊瑚に見られる白い斑点や模様を指し、有無によって日本産か外国産かの区別が可能です。

「ヒ」や「フ」が少ない日本産の赤珊瑚は、見た目が美しく最高級品として取引されます。

箱などの付属品

購入時に付属していた箱や保証書などは一緒に買取してもらいましょう。特に赤珊瑚を使った骨董品は付属品があると高価買取されやすくなります。

 

赤珊瑚の価値を高めるメンテナンス方法

赤珊瑚の価値を高めるためには日頃からのメンテナンスが重要です。赤珊瑚の主成分は炭酸カルシウムのため、酸に溶けやすく汗に触れると変色して白くなったり輝きが損なわれたりします。変色や輝きが落ちると赤珊瑚の価値も落ちるため、注意が必要です。

身に付けた後は柔らかい布を使って汗やほこりを優しく拭き取るようにしましょう。ただし、珊瑚は人の歯ほどの硬さしかないため強くこすると傷が付く恐れがあります。また経年劣化を防ぐには、直射日光が当たらず湿気が溜まりにくい場所への保管がおすすめです。

 

価値が高い赤珊瑚だからこそ偽物に注意

価値が高い赤珊瑚は偽物も多く出回っています。偽物の多くは、プラスチックや樹皮に赤色の塗料を表面上にコーティングしているだけです。そのため、赤珊瑚を割ると中央部が白かったり、火をつけると塗料が燃えたりします。

しかし、素人が偽物かどうかを判断するのは難しいでしょう。また、ひび割れを補修しようとして赤珊瑚に手を加えると、万が一本物だったときに取り返しが付かないことになります。判断が付かない時は、プロの買取業者に査定依頼すると良いでしょう。

 

赤色珊瑚と白色・桃色珊瑚との違い

ここまで赤珊瑚について解説してきましたが、珊瑚には他に白色や桃色珊瑚もあります。ここでそれぞれの珊瑚の違いをまとめておきましょう。赤珊瑚は日本産と外国産で特徴が異なるため、別々にご紹介します。

 

産地

色味

宝石としての価値

血赤珊瑚

日本近海(土佐湾や小笠原諸島など)

血液のような深紅色

非常に高い

赤色珊瑚

地中海沿岸

単一色調で日本産より明るめ

高い

白色珊瑚

中部太平洋(日本、中国、台湾近海)

薄い桃色〜薄い茶色

やや低い

※純白の白珊瑚は希少価値が高くなる

桃色珊瑚

日本近海(土佐湾や小笠原諸島など)

薄い桃色~薄い赤色

やや低い

赤珊瑚は他の珊瑚と比べると高い価値があります。赤珊瑚を持っている方は、ぜひ弊社『買取むすび』で無料査定をしてみてはいかがでしょうか。

無料査定を試してみる

 

赤珊瑚を買取ってもらう3つの方法

弊社『買取むすび』では3つの買取方法をご用意しています。

  • ・店舗買取
  • ・宅配買取
  • ・出張買取

それぞれ順番に見ていきましょう。

店舗買取

即現金化したい方は店舗買取をぜひご利用ください。静岡県にある弊社『買取むすび』は、アピタ静岡店・アピタ島田店・マックスバリュグランリバー焼津大井川店・MEGAドン・キホーテUNY掛川店の4店舗です。買取のプロがお客様の大切な赤珊瑚を真心こめて査定いたします。

また「預かり査定」で査定している最中に買い物に出掛けることも可能です。予約不要なのでお気軽にご来店ください。

店舗買取の申し込みはこちら

宅配買取

赤珊瑚以外にも売りたい物がある方や、人と会わず買取してもらいたい方は、宅配買取を利用してみてください。Webからのお申し込みで専用の宅配キットをご自宅に送付いたします。査定料や宅配料は一切かからず、申し込み後のキャンセルもできるため、安心して申し込みが可能です。

宅配買取の申し込みはこちら

出張買取

「即現金化したくても近くに店舗がない」このような方は、ぜひ出張買取をご利用ください。査定は玄関先で行いますので、見ず知らずの人を屋内に入れなくてすみます。

宅配買取と同様、査定後のキャンセルもできるため安心してご利用ください。

出張買取の申し込みはこちら

 

赤珊瑚の買取についての質問

赤珊瑚の買取について疑問点にお答えいたします。

Q.赤珊瑚は1つでも買取ってくれますか?

Q.傷や汚れがある赤珊瑚も買取対象ですか?

Q.鑑定書がなくても問題ありませんか?

Q.赤珊瑚の宝石にはどのぐらいの価値がありますか?

それぞれ順番に見ていきましょう。

Q.赤珊瑚は1つでも買取ってくれますか?

A.弊社『買取むすび』では1つからでも買取をしています。ただし、まとめて買取をしてもらえれば査定額がアップする可能性もあるため、ご自宅にある赤珊瑚を一緒にお持ち込みください。

Q.傷や汚れがある赤珊瑚も買取対象ですか?

A.希少価値が高い赤珊瑚だからこそ、傷や汚れがあっても高価買取が可能です。「本当に買取ってもらえるか不安」な方は、ぜひ弊社『買取むすび』で無料査定してみてください。

Q.鑑定書がなくても問題ありませんか?

A.鑑定書がなくても買取可能です。ただし、鑑定書が付いているほうが偽物と区別しやすいため高価買取が期待できます。鑑定書をお持ちの方は、赤珊瑚と一緒に持参してみてください。

Q.赤珊瑚の宝石にはどのぐらいの価値がありますか?

A.赤珊瑚の宝石には非常に高い価値があります。原木の赤珊瑚を宝石にする際、艶を出したり均一な形に削り出したりしているため、原木より加工品のほうが高価買取されやすいでしょう。

 

まとめ:静岡で赤珊瑚を高く売るなら『買取むすび』がおすすめ

赤珊瑚は地球温暖化などの影響により産出量が減少しています。その中で中国や台湾で赤珊瑚の人気が高まってきており、価格も高騰しているため希少価値は益々高くなっていくでしょう。

赤珊瑚をお持ちの方は、希少価値が高い時に専門業者に買取依頼してみてください。弊社『買取むすび』では赤珊瑚を高価買取中です。ぜひお近くの店舗で無料査定から始めてみてはいかがでしょうか。

店舗買取の申し込みはこちら

ダイヤモンド・宝石の高額買取実施中!

大切なダイヤモンド・宝石を鑑定士が査定いたします。ダイヤ・色石はもちろん、小さなメレダイヤもルース(裸石)も喜んで買い取りいたします。鑑定書や鑑別書がない時もご安心ください!しっかりとお調べいたします!

鑑定書付きでさらに査定額アップ!
  • ポイント1
    宝石の査定にプラス価格で高額査定をいたします

    【衝撃】赤珊瑚に秘められた価値と高価してもらう秘訣を紹介

    +αで差がつく!!!

    • 地金
    • デザイン価値
    • ブランド価値
    • メレダイヤ

    どこよりも高価買取!宝石の大きさだけではなく、他社様では査定額に含まれない地金デザイン価値ブランド価値、またお値段を付けにくいメレダイヤモンド(0.2ct以下のダイヤ)も、むすびではしっかりとお値段に含めてお買い取りするからこそどこにも負けない価格をご提示出来ます。

    あらゆる視点から宝石の査定が出来る鑑定士だからこそ出来る査定です。

  • ポイント2
    ルースもメレダイヤも色石もおまかせください

    【衝撃】赤珊瑚に秘められた価値と高価してもらう秘訣を紹介

    ダイヤの高価買取は、買取むすびにおまかせください。買取むすびでは0.2ct以下のメレダイヤもしっかりとお値段に反映いたします。メレダイヤが敷き詰められたデザインのパヴェリングは、一粒ダイヤよりも普段使いしやすいことで人気が高いです。デザイン性も優れていることから、買取むすびでは高額買取商品になります。

    中古市場でも人気の高いメレダイヤのアクセサリーはデメリットもあります。メレダイヤの爪は使用しているうちに甘くなってしまうことが多く"メレダイヤが取れてしまった"とお話しを聞くことも多いです。取れてしまったメレダイヤにもお値段が付くのでお持ちください。

    一粒石のダイヤや色石も使用しているうちに、石が取れてしまうことがあります。"石落ち"とも言われ、取れてしまった石をそのまま処分してしまうお客様も多いです。買取むすびでは、ルース(裸石)状態になってしまってもしっかりとお買い取りをいたします。無くさないようにしっかりとお持ちください。処分してしまう前にぜひ一度ご相談ください。

    鑑定書や鑑別書が無い場合も、鑑定士がしっかりと査定させていただきます。安心してお持ちください。